日本の景気が回復傾向にあり、就職率なども高くなってきている昨今ですが、いろいろな理由によって苦戦をしている人もたくさんいます。

就活や転職の面接について

学生の就職活動は面接が壁になります

就活や転職の面接について 日本の景気が回復傾向にあり、就職率なども高くなってきている昨今ですが、いろいろな理由によって苦戦をしている人もたくさんいます。学生の就職活動の現状では、就職を内定している学生のうち、90%が以上が入社予定先企業を決めています。これは確率としては高い状態で就職率が上がっているということになりますので、これからの就職というのは大きな変貌を遂げていくとみられています。もちろん、その背景には日本経済の復活が予測されているという現実でもあります。

就職活動では面接が一つの壁になっている人が多いのは、人気のある企業では学生が多数押し寄せることから、履歴書の選考で通った後に、筆記試験などで振り分けた後には面接が待っています。面接の重要度は最後の砦になっているために、企業でも優秀な人材を発掘するために、時間をかけることもあります。まだ内定が決まっていない学生では、やはり面接で落ちてしまっている人がいますので、まず自分がなぜ面接ではじかれてしまうのかを冷静に分析することが大事です。面接で聞かれる内容を答えることができなかったり、意思表示ができないという人はどうしてもはじかれる恐れがあるので、しっかりと自分の受けたい企業を調べて準備をしておくことです。