就職活動の面接を合格するには、コツがあります。

就活や転職の面接について

面接では演じないことです

就活や転職の面接について 就職活動の面接を合格するには、コツがあります。まず人間的な魅力が無いといけません。この人間的な魅力というのは、いったいどういうことなのかというと、個性を出しているかどうかになり、個性を出すことはまずいことだと思っている人が大半です。しかし、個性というのは我儘な部分を出すのではなく、人と違ったアピールができるかどうか、個性を出すことができるかどうかが、企業が知りたいことになります。

そして、気をつけたいのは、何かのマニュアル本に載っているようなことをするのではなく、自分の思っていることをわかりやすく話せることが重要になります。もちろん、優秀な学生を演じることは、ついついやりたいことですが、劣等感を自覚している自分を表現することもありですし、強気な気持ちを持っている自分を表すこともありです。自分を出さないということが、今の時代では全くのマイナスに影響するということを理解していると、面接でいい成果を出すことができます。もちろん奇抜なことをやるわけではないので、あくまでも一般常識のわかる、マナーがわかっていることが前提です。しっかりと、自分を見据えて面接にこだわっていると、自分を出すことができます。